樹木葬の種類別のデメリットとメリット

樹木葬の種類別のデメリットとメリット

日々の生活であまり宗教観を感じない日本人ですが、葬儀や埋葬方法に関しては日本古来の死生観に基づいて行われて来ていましたが、長らく続く経済不安や少子高齢化、限界集落の増加などの大きな社会問題により葬儀や埋葬方法に大きな変化が起きています。
従来の一般的な埋葬方法と言えば、区画整理された墓地や霊園に墓石を設置して埋葬していましたが、現在では散骨などの自然葬が1990年代から徐々に増えて来ています。


共同墓地の為に、初期費用や管理費用などが安くすみます。日本国内の樹木葬は、1999年に岩手県一関市の知勝院で雑木林づくりの一環として開始されましたが、全国的には埋葬用地が不足しいます。

樹木葬は、故人の遺骨や遺灰を埋葬し木の苗を植樹して、木に生まれ変わるなど自然の循環システムに戻る事を目的とする埋葬方法です。

最新の埼玉の樹木葬が今、話題になっています。

樹木葬には、里山型樹木葬と公園型樹木葬があります。



里山型は、大規模な埋葬用地が多く、故人一人一人に木の苗を植樹する憧れの埋葬方法ですが、大規模な為に都心から離れた郊外や山間部に整備されるケースが多く、手入れが行き届か無い為に墓地の場所が分からなくなるケースもあります。

公園型は、埋葬用地の中央にシンボルツリーを植樹してその周囲に複数の遺骨や遺灰を埋葬する形の墓地ですが、里山型に比べて小規模な用地が多く、都心から近い墓地が多いので便利です。
又、共同墓地の為に、初期費用や管理費用が安くすむメリットがあります。

お手軽にブログ情報サイトです。

Copyright (C) 2015 樹木葬の種類別のデメリットとメリット All Rights Reserved.