自営業とファクタリングの必要性

会社に勤めていると毎月決まった日にお給料を貰うことができます。

自営業でも報酬を貰うことができますが、仕事をしたからと言って実はすぐにお金が入るわけではありません。

会社の規定にもよりますが、たいてい請求書の発行から支払いまで、1ヶ月から2ヶ月程度かかります。

これを支払いサイトと言いますが、支払いサイトが長ければ長いほど、現金が手元に入るまでの事業の継続を慎重に行わなければならなくなります。
資金がなくなってしまうと事業を継続することが難しくなってしまうためです。

ファクタリング会社のおすすめ

特にモノを購入して販売しているような職種の場合、モノを購入する資金がなくては次の商売をすることができません。
資金がすぐに手元にあるということは、とても重要なことなのです。



しかしファクタリングを利用すれば支払いサイトを待つことなく、報酬をいち早く手にすることができます。

ファクタリングの仕組みは、自分と取引先の間に第三者である専門会社が入り、売掛債権を買い取ってもらいます。



売掛金とは、取引は終了しているものの、支払いが終了していない料金です。

取引先に対してはファクタリング契約を承諾してもらう必要があります。


専門会社は期日に取引先から支払いを受けることとなります。
売掛金は重要な資産ですが、何もしなければ期日を待たなくてはならない生産性のない資産です。
上手にファクタリングを利用することで上手くお金を回し、さらなる事業の発展に貢献することができます。